ゴールデンウィーク前に自宅PCをRyzenに載せ替えたんですが、エントリ書くのを忘れてしました。

今回はArkの通販でRyzen 7 1700、MSIのX370 GAMING PRO CARBON、CorsairのDDR4メモリ(CMU32GX4M2C3000C15R)を購入し、換装しています。Ark通販の緩衝材の多さにPCパーツへの想いを感じます。

目一杯入っているので中身を取り出すと緩衝材がボロボロ落ちる

マザーボード、CPU、メモリの3点

配線が適当すぎる上に長年の埃もたまっていて汚いのですが、とりあえずリテールクーラーで一気し装着した結果の発光具合はこのようになりました。

リテールクーラーの光り方は思ったよりよかった

リング上の光りモノは思ったよりよかったのでそのまま使っていたのですが、不要になったマザーボードとかを会社のPCに換装したところ、EnermaxのCPUファン(ETS-T40F-RF)が余った上にAM4用のリテンションキットを無料配布(送料は有料)していたので自宅PCのリテールクーラーと交換しました。(Enermaxのは自腹購入だったので全く問題なし)

CPUクーラーを変更し、配線をちょっと整理した

やはり光りモノが減るとちょっと寂しい気分にはなりますが気にしない。AM4用のリテンションキットは金属片2つくらい入ってるのかな? と思っていましたが、バックプレートからスプリング付きネジに至るまで、それこそクーラー本体やファン以外の金物はほぼ一式送られてきました。送料高かったけど頼んでよかった。

まともな自作PC系ブログとかだとOCCTとか回して温度のグラフとかベンチマークのスコアを貼るんでしょうけど、それをやる心の余裕はなかったのでHeroes of the Stormを2戦ほど行った後のHWiNFOステータスというなんともお役に立たない画像を貼っておきます。

  • (before・リテールクーラー)
    リテールクーラーでのHWiNFO
  • (after・ETS-T40F-RF)
    ETS-T40F-RFでのHWiNFO

CPUの温度は大きく下がり、マザーボード上のCPU以外も多少数値は下がっています。SystemとAUXTIN2の最低値は上がっていますが、全体的には下がっているように見えます。この辺はトップフローとサイドフローの違いから来るのかなぁと考えています。なにぶんケースがSilverStoneのRAVEN 3なので、サイドフローとの相性がよいのかと。

Ryzen 7 1700はクロックを3,600MHzにメモリを2,667MHzと、弱めにオーバークロックしています。これでもXsplitでFTLに変換してBeamへ配信したままゲームをしてもCPUは全然余裕があるので、メモリをもうちょっと上げられるといいな~